チェリオ

ライフガードをはじめとする飲料メーカーでおなじみのチェリオコーポレーションさま。(以下、チェリオ)
九州レインボープライド2020でも、レインボースポンサーとして協賛していただきました。
チェリオは2014年から東京レインボープライドに協賛し、2015年以降はトップスポンサーとして協賛され続けています。その他にも国内プライドイベントには積極的に参加されていて、チェリオをみかけないパレードは無いのではないかというほどです。2019年度は、全国11か所のレインボープライドに協賛され、総勢200名以上の社員が参加されたそうです。
どうしてチェリオがここまでLGBTを応援しているのかというと、チェリオの経営者と東京レインボープライド代表の杉山文乃さんとの親交が深かったこと、そして多様性を尊重する社風が取り組みを始めたきっかけだったとうことです。チェリオは社内における研修会やイベント参加など認知向上の取り組みだけでなく、レインボーパッケージのライフガードの売り上げの一部を全国のプライドパレードの応援へとあてる「ライフガードレインボープロジェクト」や、⾃動販売機を設置するロケーションオーナー様の収益の⼀部を国内LGBTイベント団体の協賛にあてる「のんでCHANGE!プロジェクト」などを実施されいます。
このような取り組みをもっと九州でも知っていただきたい、そして九州で活動されているLGBT支援団体の方々の意見を聞いてみたいということから、今回はチェリオ✖ アライアンス福岡の方々との座談会を実施させていただきました。

登場人物紹介

●中澤拓也氏、坂巻彩香氏、宮脇 絢子 氏/チェリオコーポレーション
●五十嵐ゆり氏/NPO法人 Rainbow Soup
●小野アンリ氏/FRENS
●藤田哲章氏/NPO法人 LGBTの家族と友人をつなぐ会
●黒部美咲氏/一般社団法人gid.jp日本性同一性障害と共に生きる人々の会・九州支部
●あなたののぶゑ、荒牧明楽/NPO法人カラフルチェンジラボ
(以下敬称略)

今回はチェリオが予め用意された質問に対して、参加者の皆さんにお答えいただきました。

Q1.

みなさんはライフガードを飲んだことありますか?また、初めて飲んだときの思い出を教えてください。

  • 五十嵐
  • 私は東京レインボープライドの会場で配られていたとき飲んだのが初めてです。美味しかったですよ、特に暑いときや外にいるときなんかにはすごくいいと思います。
  • 荒牧
  • 私は小学生のときにコンビニで買っていた記憶がありますね、炭酸飲料のランキングTOP3に入っていました。
  • 藤田
  • 私はチェリオっていうとオレンジジュースのイメージが強いですね。
  • 黒部
  • はっきり覚えてはいないけど、前からあった記憶はありますし買ったこともあると思います。
  • のぶゑ
  • 私は学生当時、似た種類のジュースの中ではライフガードが一番大きいから買ってた記憶があります。
  • 坂巻
  • そうなんですよ、発売当初はライフガードに似た飲料はなく、容量も当時は珍しい350mlを100円で販売していたので子供や学生に大人気だったんですよ
  • のぶゑ
  • あら~じゃあ私はまんまと企業の戦略に引っかかってたんですね!
  • 一同
  • 爆笑
  • 小野
  • 私は実は飲んだことなくて、なんで今日までに飲んでこなかったんだろうってめちゃくちゃ後悔してます。でも嬉しい話があるんです。私たちは子ども若者をサポートする団体で、去年のパレード当日もユースのスタッフがいました。この前そのスタッフと打ち合わせをしていたときに、今度チェリオさんと座談会をするって話をしていたら、去年のパレードでみんなでワイワイ楽しくゲームとかしながら飲んだよね~、美味しかったよね~って嬉しそうに話してたんですよ。
  • のぶゑ
  • えーそれめっちゃいい話じゃないですか~。楽しい思い出とライフガードの思い出がセットになってるって最高♪

Q2.

のんでCHANGE!自動販売機でプライドTシャツを作って売れないかなと個人的に考えています。自動販売機でグッズを買えるとしたら、どんなものが欲しいですか?

  • のぶゑ
  • これは缶にTシャツ詰めて売るってことですか?
  • 中澤
  • 空のペットボトルを想像してほしいんですけど、真ん中でパカって割れて取り出せるようになるんです。実は他のメーカーでもマスクやオムツを売ってる自販機なんかもあるんですよ。
  • 小野
  • 中学生の子と話していたときに、レインボーフラッグいいねって話をしていました。旗は使い道に困るっていう説もあると思うけど、案外嬉しかったりするかもしれないですね。
  • 中澤、坂巻
  • 確かに自分たちのブースでフラッグ用意したときも、すぐ無くなっちゃいましたね!
  • のぶゑ
  • パレードをやっていると印象的なのは、案外フラッグを現地調達される方が多くて、オリジナルな物があったときはコレクションみたいに持って帰る方がいるんですよね。
  • 中澤
  • なるほど。自販機で販売するにはある程度の重さも必要なのでちょっと検討してみますね。
  • 藤田
  • この前のパレードで三重の高校生が企画してくれた今治タオル生地のレインボータオルを販売したんですけど、1,500円でも30枚以上売れてましたよ。
  • 五十嵐
  • タオルネタだったら、私別府温泉いったときのレインボータオルありますよ。コレクションしたがる人はいるかもしれませんね。
  • のぶゑ
  • チェリオさんのキャラクターであるウサダーの小さいぬいぐるみとか、ペットボトルに入ってたらかわいいと思います。レインボーカラーの特別バージョンとか♪
  • 小野
  • Tシャツを販売するときに、そのTシャツの意味を知らせるものを入れて欲しいなって思います。デザイン性で着るだけじゃなくて、こういう意味なんだって知って着ていただけたら嬉しいですね。
  • 中澤
  • 言われる通り、Tシャツは歩く広告塔みたいなものですからね。のんでチェンジの企画自体がレインボープライドを応援しようって目的があるので、社内で検討しますね!

Q3.

のんでCHANGE!⾃販機について、 疑問や知りたいこと等あれば教えて下さい。

  • 五十嵐
  • 買うときに意味合いが分かるようなことが自販機に貼ってあるのですか?
  • 中澤
  • 自販機のお腹辺りの窓に売上の一部がレインボーイベントの応援にあてられますって説明は書いてあります。
  • 坂巻
  • この取り組みに関して、SNSで嬉しい反応をいただいたんです。知っていた人も知らなかった人もいらっしゃったんですが、自販機を通して知ってもらったり興味を持ってもらえたら嬉しいし、人と自販機がつながる役目になれたらいいなって思うんです。チェリオの自販機はどちらかというと都会から少し離れたところあります。以前「自分のいるところではまだ理解が少なくカミングアウトができずに悩んでいたけれど、チェリオのレインボー自販機を見てひとりじゃないんだと思えて嬉しかった」と言うメッセージをいただきました。飲料以外の価値観を大事に思ってもらえたら嬉しいと思ってこのプロジェクトを続けています。
  • 黒部
  • 私は福岡市内に住んでいるんですが、その自販機がどこにあるのか分からなくて買えなかったんですよね。
  • のぶゑ
  • 確かに当事者は狙って買いに行きたいと思う人もいると思うから、自販機マップとかあるといいですね。
  • 五十嵐
  • 行く人は行くよね。素敵なグッズも買えるみたいだよって口コミもおこると思うし。
  • 一同
  • うんうん。思う思う。

Q4.

チェリオをはじめとする LGBTフレンドリー企業への思いや要望/希望などありますか?

  • 小野
  • チェリオさんの取り組みって特異性があってとても意義深いなと思うし、自販機であるっていう点がとても素晴らしいと思ったんです。私が去年プライド月間の6月にボストンへ行ったとき、滞在先の家の近所で、小さな個人経営のカフェの前に、LGBTフレンドリーなボードが置かれていました。こんな家の近くの小さなお店が、こんなことしてることに凄く感動したんですよ。なぜなら、自分が小さい時に家の近所とかで私たちをポジティブに肯定するようなメッセージに触れられていたら、どれほど心強かっただろうって感じたんです。この自販機の取り組みがまさにそれなんだろうなって思ったんですよ。子どもたちが家の帰り道とかで、この企業が応援してるんだってことを毎日感じられるわけですよね。今までにない特別な取り組みで、本当に感謝しています。
  • 黒部
  • とても意義のあることだと思うので本当に続けていただきたいし、もっとプラスアルファで色々考えてやっていただけると嬉しいですね。
  • 五十嵐
  • どこのパレードのイベントにも大体チェリオさんがいることがすごい。やっぱり地方はみてもらえないよねっていう当事者の声もある中で、チェリオさんの展開っぷりはありがたいと思います。今後もぜひ色々な地域でも出ていただきたいし、他の企業さんにも波及して欲しいと思っています。チェリオさんだからできるんだよって思われるんじゃなくて、自分の会社には何ができるかなって背中を押してあげるような発信を今後もやっていただけたら嬉しいです。応援しています。
  • 藤田
  • チェリオさんはしっかり会社の中で根付いてるんだろうなって感じました。どれだけ発信とかをしていても、会社が一丸となっていないところもあるし、自販機みたいに何気ないところでこんな会社が応援してくれてるんだって思えるのって重要だと思うんです。これからもぜひがんばってください。
  • チェリオ一同
  • 皆さん本当にありがとうございます!とても温かい言葉でした。

Q5.

みなさんが描いている未来の九州(地元)を教えてください。

  • 五十嵐
  • 私地元は東京ですけど、15年福岡にいましたのでもちろんよくなって欲しいという気持ちがあります。我々のような人間が排除されない、無視されない、貶められない社会であってほしいと思います。
  • 藤田
  • 自分は地元が柳川の方ですが、おじいちゃんおばあちゃんはまだ未だに当事者をみて「あんなんは(怪訝そうに)」っていう人もいます。でも、それは知らないからだと思うんです。チェリオさんみたいな活動や、レインボープライドとかやっていれば「あれはなんね?(興味深く)」っていう風に、水面下で隠れていたところが見える化して来ると思います。その見える化したときに、反発ももちろんあるから、そこでもう1回ガツっとやれる九州でありたいなって。九州ももっと厳しいところもあるみたいだけど、変わっていけたら嬉しいです。
  • 黒部
  • 私も地元は静岡ですけど、福岡に来て25年になるのでほぼ地元という感じです。福岡市は制服選択制ですごくいいんですけど、私みたいな人間がじゃあスカートを選べるかというと、現実問題今現在は多分そういう状況下にないんじゃないかなと私は思っています。私は半年前に転職したんですけど、カミングアウトした上で本来の性別で雇いますよって言われて、今そういう状況下で働いてはいるんですけど、そういうカミングアウトをしなくてもいいような世の中にしていきたいなって思うので、これからも協力していただけたら嬉しいです。
  • 小野
  • 私は福岡出身なので地元への思いとか結構あったりはするんですけど、今思っているのはどの場所で生まれたとしてもLGBTQ+の子どもたちが安心して自信を持って自由に生きられるような社会にしたいっていうことです。最近は前よりは少し状況が変わってきていて、LGBTQ+の子どもたちが自分のことを話さなくてもそれなりに過ごせたりとか、自分が自認する性別で生活したいっていう話をした時に、その性自認に沿った生活ができるように環境を整えられるとかそういうことが出てきてるけれども、今はかなり運によるところがあると思うんですよね。都会は良くて田舎はダメとかそういうことじゃなくて、そこにどんな人がいて今までどんな学びを持っていてとか、複雑に関係していてでも格差がすごくあるっていうのが今の状況だと思うので、それがなくなってかつどのエリアでも安心して生活できるようなそういう環境にならなければいけないっていうのを思っていて。そういうような九州を描いています。
  • のぶゑ
  • ありがとうございます。みなさん、素晴らしいですね!
    本当に地域差関係なくどこに住んでいてもらしく生きられるような社会になることがすごく重要だなと思います。私自信もそうですけど、色々な事を経験して今ここに座っているのは事実です。私は宮崎出身で、20数年前宮崎でとても辛くて、逃げるかのように福岡に出てきた経験をしています。それを考えるとやはり地域差関係なくらしく生きられる環境になるって言うのはすごく重要なことかなと思うし、私個人的には九州各地団体がみんな頑張って活動しているわけですから、それぞれの団体に思いがあって、ポリシーがあって、色々な考え方があるので、それも個性として手を繋げるとこはつないで一緒に頑張ってつくっていけたらいいなと思っています。それでこうなんとなく地域差がなくなっていける一助になったらいいなと思うし、全体が庫底上げされていくような感じになったらとってもいいなと思っています。この九州アライアンスっていう大きな枠組みですけど、今回のアライアンスに頂いた寄付金は、力強い第2歩目になれたらいいなと思いながら聞いていました。
    それでは、最後にチェリオさんからお言葉をお願いします。
  • 中澤
  • 皆様お話ありがとうございます!今回皆様のお話を聞いて、場所や世代による理解の違いなどで当事者の方の選択肢が狭まってしまう、生き方を決められてしまうといったことはあってはいけないなと改めて感じました。我々に状況を一変させるような大きな力はありませんが、飲料には皆が必要としている、というインフラ的側面があり、つまり世界中の人に我々の商品を届けることが出来るチャンスがあります。今回ご紹介したライフガードレインボーのように、いつか我々の想いや伝えたい価値観を込めた飲料を世界中に発信し、多様性の価値観を広げていけたらと思ってます。九州での自社の展開はまだ始まったばかりですが、皆様が思い描く未来の九州に少しでも近づけるよう、チェリオも頑張ります。
    今日はありがとうございました!これからもよろしくお願いします。